気になるぽっこりお腹には脂肪吸引が最適!

スッキリとした小顔になる

婦人

様々な治療法があります

顔が大きすぎるというコンプレックスを抱えている人は、美容外科クリニックに行って小顔治療を受けるようにするとよいです。ただし、一口に小顔治療といっても、具体的な治療方法は多岐に渡ります。美容外科クリニックの小顔治療と聞くと、顔の骨を削る外科手術を思い浮かべる人が多いですが、それしか治療方法がないわけではありません。そもそもこの方法で対処できるのは、骨格自体が大きくなっているために顔を大きくなっているケースです。顔に脂肪がたっぷりついているせいで大顔になっている人が顔の骨を削る手術を受けたとしても、期待するほどの小顔効果を得ることはできません。また、エラの部分の筋肉が発達しすぎていることが原因で顔が大きくなっている場合にも、全く同様のことが言えます。つまり、まず顔が大きくなっている原因を見極めた上で、それに適した治療方法の検討を行う必要があります。

筋肉のハリが原因なら

先程少し触れましたが、顎の付け根部分の筋肉が発達しすぎているせいで、顔が大きくなっている人がたまにいます。顎の付け根部分のことを俗にエラと呼んでいますが、このエラが左右に大きく張り出していると、顔の横幅が通常よりも広くなってしまいます。結果的に顔が大きく見えてしまうわけですが、エラボトックスという名前の注射をここに打てば、エラのハリ出しを縮小させることができます。エラボトックス注射には、筋肉の収縮を阻害する効果があります。使わない筋肉が細く衰えていくため、エラボトックスを打ってしばらくすると、エラが少しずつ小さくなっていきます。エラボトックス注射のことをあまりよく知らない人が多いですが、安全性が高い注射ですので、安心して利用することができます。